沖縄に大雨警報や洪水警報 今夜遅くにかけて土砂災害や冠水に警戒

ウェザーニュース / 2021年2月11日 20時0分

ウェザーニュース

低気圧や前線の影響で沖縄本島地方では夕方から雨が強まっています。20時現在、沖縄市やうるま市などに大雨警報と洪水警報が発表されており、警戒が必要です。

夜遅くまで激しい雨に警戒

雨雲レーダー

低気圧の東側に広がる非常に発達した雨雲が沖縄本島を通過中で、20時までの1時間には那覇市で21.5mmの強い雨を観測しました。那覇市は24時間の雨量が107.0mmに達し、2月としては7年ぶりとなる季節外れの大雨です。


低気圧の動きが遅いため、沖縄本島では22時前後まで1時間に30~50mmの激しい雨の降るおそれがあります。すでに雨量が多く、地盤の緩んでいる所がありますので、土砂災害や道路冠水、河川の増水などに警戒が必要です。

また、風の強い状況も続き、瞬間的には15~20m/sの風が吹いています。夜間で周囲の状況が確認しにくいため、できるだけ外出を避けるようにしてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング