1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

今日15日(月)の天気 広範囲で雨風強まる 地震被災地は土砂災害に注意

ウェザーニュース / 2021年2月15日 5時25分

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・広範囲で雨 太平洋側は激しい雨のおそれ
・宮城や福島などは土砂災害に注意
・西日本 夜は寒さ戻る


予想天気図 15日(月)9時

今日15日(月)は前線を伴う2つの低気圧が日本海と本州の南岸を東へ進みます。本州の南岸を通過する低気圧は「爆弾低気圧」と呼ばれるほど急速に発達する見込みです。広範囲で雨が降り、沿岸部では風も強まります。

13日(土)夜の大きな地震で地盤が緩んでいるおそれがある東北太平洋側では、土砂災害の発生に注意が必要です。

広範囲で雨 太平洋側は激しい雨のおそれ

雨の予想 15日(月)11時

前線を伴う2つの低気圧の影響で、北海道~中国四国では雨が降り、北海道の内陸では雪となります。四国の太平洋側や近畿南部、東海や関東では1時間に40mmを超えるような激しい雨となるおそれがあり、道路冠水や河川用水路の増水に注意が必要です。

沿岸部では風も強まり、雨が横殴りとなるので、丈夫な傘やレインコートが必須となります。

宮城や福島などは土砂災害に注意

13日(土)夜に大きな地震に見舞われた東北太平洋側でも徐々に雨が強まり、夕方以降は荒天のピークを迎えます。地震で地盤が緩んでいるおそれがあるので、土砂災害の発生に注意してください。
午後になると風も非常に強まるので、避難所に移動する場合は午前中の早めの時間が安心です。

北日本や北陸の積雪が残る地域では、融雪による落雪や雪崩の発生にも注意が必要です。

西日本 夜は寒さ戻る

雨が降っても昼間の寒さは幾分控えめになります。ただ、雨風で実際の気温ほどの暖かさは感じられません。

西日本では上空の寒気が徐々に南下してくるため、夜は朝よりも気温が下がります。遅い時間ほどしっかり防寒を心がけてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング