週間天気 爆弾低気圧と強い寒気により大雪・暴風に警戒

ウェザーニュース / 2021年2月15日 5時55分

ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・低気圧が猛発達 暴風や高潮に警戒
・週中頃は強い寒気が南下 大雪警戒
・気温急降下 週中頃は真冬の寒さ

低気圧が猛発達 暴風や高潮に警戒

予想天気図 16日(火)9時

16日(火)にかけて、関東沖から北海道の東へ進む低気圧が急速に発達し、全国的に風が非常に強く吹く予想です。

特に北日本や東日本の沿岸では、瞬間的には30m/sを超える台風のような暴風が吹くおそれがあります。

電車の運転見合わせや高速道路の通行止めなどが発生するおそれがあるため、運行情報や交通情報も確認するようにしてください。停電にも注意が必要です。

また、根室など北海道の道東では、明日16日(火)朝に高潮による被害が発生するおそれもあるため、備えを行ってください。

週中頃は強い寒気が南下 大雪警戒

上空の寒気の予想 17日(水)9時

17日(水)から18日(木)頃にかけては、日本列島の上空に非常に強い寒気が流れ込む予想です。北日本や北陸、山陰では大雪に警戒が必要です。東北日本海側や北陸の山沿いの多いところでは、新たに1mを超える積雪が予想されています。

また、福岡など西日本でも雪が降り、市街地でも積もる可能性があります。名古屋など東海地方にも雪雲が流れ込む時間帯がある見込みです。

寒気の強さや、雪雲が流れ込みむタイミングは変化が出る可能性がありますので、随時最新の予報をご確認ください。

気温急降下 週中頃は真冬の寒さ

今日は雨が降ってもこの時期としては高めの気温ですが、週中頃は各地で真冬の寒さとなります。特に18日(木)朝は冷え込みが強まり、東京や名古屋、大阪でも0℃を下回り、氷点下となる予想です。

4月並みの暖かさから、一気に雪降る真冬の寒さに戻ることになります。寒暖差で体調を崩さないよう注意し、服装選びなどで失敗をしないようお気を付けください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング