1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

非常に強い台風16号 上陸しなくても関東への影響大

ウェザーニュース / 2021年9月28日 11時0分

ウェザーニュース

大型で非常に強い台風16号は28日(火)9時現在、日本の南にあってゆっくりと北に進んでいます。

この後は北東に進路を変えて10月1日(金)頃に伊豆諸島近海を通過する見込みです。本州に上陸する確度は低い見込みですが、大型であることに加えて非常に強い勢力を保って接近するため、中心からは少し離れる関東や東海でも荒天に警戒が必要です。

大雨や暴風により生活や交通機関に大きな影響が出るおそれがあります。被害や影響を最小限とするべく最新の情報をこまめに確認して予め万全の対策を施すようにしてください。

▼台風16号 9月28日(火)9時
 中心位置   日本の南
 大きさ階級  大型
 強さ階級   非常に強い
 移動     北 ゆっくり
 中心気圧   935 hPa
 最大風速   50 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 70 m/s

伊豆諸島は猛烈な暴風雨 災害発生に警戒を

10月1日(金)予想天気図と雨の予想

台風16号は30日(木)にかけて再び発達して、猛烈な勢力になる予想です。その後勢力はやや衰弱するものの、「非常に強い」勢力を保ったまま伊豆諸島近海を通過する予想です。伊豆諸島近海を通過する1日(金)9時時点の中心気圧は中心気圧は950hPa、中心付近の最大風速が45m/s、最大瞬間風速は60m/sで猛烈な暴風雨をもたらすおそれがあります。伊豆諸島では災害の発生に最大限な警戒が必要です。

大型の台風で強風域が広いため、台風本体が上陸しなくても関東南部や東海、東北太平洋側を中心に雨風が強まり、荒れた天気になることが予想されます。大雨による道路冠水や河川用水路の増水や決壊、暴風による停電が発生する可能性があります。

鉄道や航空、道路など交通機関にも影響が出るおそれがあるので最新の情報をこまめに確認するようにしてください。不急の外出は極力控え、可能な範囲でテレワークを選択すると良さそうです。

台風の接近前から高波に要警戒

台風16号の接近により、本州太平洋側の一部や南西諸島、伊豆諸島では既に風が強まり始めています。

伊豆諸島の一部では16mを超える最大瞬間風速を観測しました。波も徐々に高まり、今日28日(火)は大東諸島で4mから5mの波高が予想されています。台風の接近とともに波はさらに高まり、台風が最接近するタイミングで伊豆諸島では10mを超える大しけに見舞われる予想です。

台風の接近時の海岸は非常に危険な状況になりますので、絶対に近づかないようにしてください。係留する船舶への被害も考えられますので、早めの対策が必要です。

伊豆諸島は暴風域に入る確率が30%以上

台風の暴風域に入る確率 28日(火)9時から10月3日(日)9時まで

28日(火)9時に気象庁が発表した5日先の台風の暴風域に入る確率の分布を見ると、30~70%の赤い領域に伊豆諸島が含まれており、関東など東日本から東北南部にかけては5~30%を示す、黄色の領域に入っています。

台風が非常に強い勢力のまま近づいてくる可能性があることから、暴風域の外側でも風や雨の強まるおそれがありますので、確率の小さいところでも油断はできません。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風16号の名前「ミンドゥル(Mindulle)」は北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が提案した名称で、「たんぽぽ」を意味する言葉からとられています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング