1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

北海道上空に波打つような雲が出現 天気下り坂を示唆する波状雲

ウェザーニュース / 2021年10月7日 9時0分

ウェザーニュース

今季一番の冷え込みになった今日7日(木)の北海道の空に、波打つような雲が出現しています。西から近づく低気圧の影響で広がったとみられます。

波を打つような形の雲、波状雲

北海道岩見沢市の空を覆っている雲は、海岸に押し寄せる波のような独特の形をしています。これは波状雲と呼ばれる雲です。

波状雲は大気の波によって空気が上下に動くことで発生します。雲が発生しやすい湿度や気温の条件が揃っている時に、空気が持ち上げられる所では雲が発生し、引き下げられる所では雲が消えます。そのため、波打つような形の雲になるのです。

この後の天気の下り坂を示唆

7日(木)夜の予想天気図

温暖前線や低気圧が接近中の時に波状雲が見られる時は、低気圧などが近づくにつれて波状雲の現れる高度が低くなるため、地上から見ると一つ一つが太くなっていくような変化が現れます。さらに近づくと、波状雲の雲の隙間は雲で埋まってしまい、雨を降らせるため、天気の下り坂のサインとなります。

今日の北海道は日本海を進む低気圧の影響で、天気が下り坂に向かいます。夕方以降は低気圧に近い道南を中心に雨が降り出してきますので、雲が厚みを増したり、そこの高さが下がってこないかなど、この後の空の変化に注意が必要です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング