1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

台風18号近づき宮古島で瞬間風速25m/s超 今夜にかけて断続的に強雨も

ウェザーニュース / 2021年10月11日 10時45分

ウェザーニュース

11日(月)9時現在、超大型の台風18号(コンパス)はフィリピンの東の海上を西に進んでいます。中心は離れているものの、石垣島や宮古島などの先島諸島が強風域に入っていて、10時までに宮古島では最大瞬間風速25.5m/s、与那国島では25.3m/sを観測しました。

▼台風18号 10月11日(月)9時
 中心位置   フィリピンの東
 大きさ階級  超大型
 強さ階級   //
 移動     西 20 km/h
 中心気圧   980 hPa
 最大風速   25 m/s
 最大瞬間風速 35 m/s

沖縄・先島諸島は今日いっぱい荒天に

雨の予想 11日(月)18時

今日いっぱいは沖縄で台風の影響が続き、瞬間的には30m/s前後の風が吹くおそれがあります。また、台風を取り巻く活発な雨雲が断続的に通過して、1時間に30mmを超えるような激しい雨が降る見込みです。

海上は波が高く、先島諸島の沿岸では波の高さが6mを超える猛烈なしけ、沖縄本島や奄美諸島でも4mを超えるしけが予想されます。

台風19号 小笠原諸島は高波に注意

台風19号 予想進路

11日(月)9時現在、台風19号(ナムセーウン)は南鳥島近海を西北西に進んでいます。今後はやや発達しながら北西に進み13日(水)には暴風域を伴う見込みです。14日(木)以降は北から東よりに進路を変えるため、小笠原諸島への影響は高波が中心となります。

▼台風19号 10月11日(月)9時
 中心位置   南鳥島近海
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     西北西 15 km/h
 中心気圧   1000 hPa
 最大風速   18 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 25 m/s

平年の台風発生数

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風18号の名前「コンパス(Kompasu)」は日本が提案した名称で、円を描く文房具が由来のコンパス座という星座から付けられたものです。

台風19号の名前「ナムセーウン(Namtheun)」はラオスが提案した名称で、川の名前が由来です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング