1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

週間天気 日曜日にかけて前線通過 今季一番の寒気が南下

ウェザーニュース / 2021年10月16日 5時49分

ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・日曜日は前線通過、雨の後は北風強まる
・空気は入れ替わり気温変化に注意
・北日本からは続々と冬の便りも

日曜日は前線通過、雨の後は北風強まる

17日(日)9時の予想天気図

前線が通過する影響で、17日(日)は関東や東海など太平洋側も広く雨が降る見込みです。

前線通過時には局地的に1時間に30mm前後の激しい雨となり、雷や突風にも注意が必要です。

前線の通過後は一時的に西高東低の気圧配置となり、各地で冷たい北寄りの風が強まります。

空気は入れ替わり気温変化に注意

雨の後は空気が入れ替わり、全国的に一気に季節が進みます。

季節外れの暑さが続いていた西日本も気温が下がり、昼間でも20℃に届かない日がある見込みです。

東京も19日(火)には最高気温が13℃予想と冷え込みの強まる日があります。ただ、20日(水)には20℃を超えるなど日々の気温変化が激しく、身体への負担も大きくなります。

服装・暖房・布団など秋冬の支度をして、体調を崩さないようご注意ください。

北日本からは続々と冬の便りも

寒冷前線が通過した後の17日(日)から18日(月)にかけては、北海道の上空にこの秋最も強い寒気が南下する予想です。

稚内や旭川など道北を中心に、降水があれば平地でも雪となり、初雪が観測される可能性があります。峠道を車で走行する場合は、そろそろ冬タイヤ装着を検討してください。

東北でも標高の高いところでは雪となる可能性があります。週明けは、初霜や初氷・初冠雪など冬の便りが北日本の各地から届きそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング