1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

今夜は十三夜 欠けた月を愛でる日本独自の風習

ウェザーニュース / 2021年10月18日 6時43分

ウェザーニュース

2021年10月18日(月)は旧暦でいうと9月13日にあたるため、今夜は十三夜ということになります。

今夜は空を見上げて、先人が愛した十三夜の月を楽しんでみてはいかがでしょうか?

十三夜とは?

十三夜とは、昔使っていた月の満ち欠けをもとに1か月の日付を決める太陰太陽暦(旧暦)の9月13日の夜を指し、この日に見える月は旧暦の8月15日(十五夜)に出る月(中秋の名月)と並ぶ名月とされています。

平安時代に中国から伝わったとされる十五夜の月を愛でる風習とは異なり、十三夜の少し欠けた月を愛でる風習は日本独特のものと言われています。

ではなぜ、満月でもない十三夜にお月見をする風習が日本で始まったのでしょうか?

これに関しては諸説あるものの、延喜(えんき)19年9月13日 (現在の暦では919年10月9日)に、当時の法皇が催した月の宴がきっかけとなったというのが、最も有力な説とされています。

また、十三夜の月は、十五夜の月(中秋の名月)とセットで呼ばれることも多く、旧暦8月の十五夜の月を「前の月」、9月の十三夜の月を「後(のち)の月」と呼んだり、2つの月を合わせて「二夜(ふたよ)の月」と呼ぶこともあります。

そして、片方しかお月見を行わないことは「片見月(かたみづき)」と呼ばれ、縁起の悪いものとされています。

気になる天気は?

今夜21時の天気分布予想

東京の場合、18日(月)は16時11分頃に月の出を迎えるので、夕方には東の空に浮かぶ月を見ることができそうです。その後、22時過ぎに南の空で最も高度が高くなり(南中)、19日(火)3時頃に月没するまで西の空で見ることができます。

北海道や東北、北陸、西日本の日本海側では晴れて、十三夜の月を見ることができそうです。

一方、関東や東海、西日本の太平洋側は雲が出やすく、残念ながら月は雲に隠れがちになります。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング