1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

インドネシア・スメル火山で噴火が発生 噴煙は高度1万5000m超

ウェザーニュース / 2021年12月4日 22時0分

ウェザーニュース

日本時間の今日12月4日(土)夕方、インドネシアのスメル火山で噴火が発生しました。衛星からの観測では、噴煙は高度1万5000m以上に到達しているものとみられます。

インドネシアには多数の活火山があり、たびたび規模の大きな噴火を起こしています。スメル火山も今後の火山活動に注視が必要です。

気象衛星でも噴煙を観測

スメル火山の位置

スメル火山(Semeru/標高3676m)は、インドネシアのジャワ島の東部にある火山です。インドネシアに点在する活火山と同様に、たびたび噴煙を1万メートル以上に噴き上げる噴火を起こしていて、火砕流や泥流を発生させることもあります。

今回の噴火では、噴煙を対流圏の上端付近まで噴き上げたとみられ、気象衛星ひまわりからも噴煙を確認しました。

噴煙の状況次第では航空機に影響も

スメル火山上空では、高空では北東から南西に、低空では東から西に風が吹いていて、噴煙は南西〜西方向に流れています。

噴火により多量の火山灰が大気中に放出されると、それを吸い込んだ飛行機のエンジンが停止したり、操縦席の窓ガラスに傷が付いて見通しが利かなくなるなど、航空機の運航へ重大な影響を及ぼすおそれがあります。

今後の火山灰の状況次第では、ジャワ島を発着する旅客機をはじめ、インドネシア付近を通過する国際線の航空便の経路変更などで、遅延等の影響が生じる可能性があります。

参考資料など

衛星画像:NICT ひまわりリアルタイムWeb

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください