1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

北日本から北陸の8道県に暴風雪警報 猛吹雪に厳重な警戒を

ウェザーニュース / 2022年1月12日 10時30分

ウェザーニュース

今日12日(水)は北海道付近で低気圧が発達し、冬型の気圧配置が強まっています。各地で風が吹き荒れ、北日本や北陸では猛吹雪となるおそれがありますので、厳重な警戒が必要です。

低気圧が急発達し各地で暴風雪に

北海道付近を進む低気圧は中心気圧が24時間で30hPa以上下がる急発達をしています。周辺では等圧線の間隔が非常に混み合って風が強く、10時までの最大瞬間風速は北海道えりも町・えりも岬で41.3m/s、稚内市で30.6m/s、山形県酒田市・飛島で40.0m/s、新潟県佐渡市・両津で29.7m/sを観測しました。

雪が降っている所では猛吹雪のため視界が悪くなっています。北海道稚内市では重たい雪が吹き溜まりとなって、除雪が追いつかないような状況です。10時時点で、北海道から北陸にかけての8つの道と県に暴風雪警報が発表されています。

これから夕方にかけて暴風が続き、ホワイトアウトの状態になるおそれがありますので、雪や風がひどいときはできるだけ外出を控えてください。

積雪も急増 明後日にかけてさらに増える見込み

14日(金)夜までの積雪増加量

各地で積雪も急増しています。10時までの24時間に新たに積もった雪の量は、北海道の太平洋側で特に多く、中札内村・上札内で75cm、帯広市でも59cmに達しました。帯広市は1999年の統計開始以来、2番目に多い記録です。

日本海側の各地も雪は増えており、札幌市は10時の積雪が66cmと今季最大を更新しています。北海道や東北、中部の山沿いなど広い範囲で30cm以上の新たな雪が積もりました。

冬型の気圧配置は明後日14日(金)にかけて続く見込みです。これから明後日の夜までに予想される積雪の増加量は山沿いを中心に50cmを大きく超えて、北陸の一部では1m以上に達します。平野部でも20cm前後の雪がさらに積もる見込みです。

積雪が急増することによる立ち往生などの交通障害、除雪時の事故、山間部などの雪崩に警戒が必要です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください