FIFA女子最優秀選手賞の最終候補に宮間が初選出! 女子最優秀監督賞には佐々木監督もノミネート

超ワールドサッカー / 2015年12月1日 0時49分

写真:Getty Images

▽国際サッカー連盟(FIFA)とフランス・フットボールは11月30日、2015年度のFIFA女子最優秀選手賞の最終候補3名を発表した。

▽10月末に発表された10名の候補から最終候補に選出された3名には、なでしこジャパン主将のMF宮間あや(岡山湯郷Belle)が初選出。また、カナダ女子ワールドカップ2015のMVPに輝いたアメリカ代表MFカーリー・ロイド(ヒューストン・ダッシュ)と、同大会で得点王を獲得しながらも、今年7月に現役を引退した元ドイツ代表MFセリア・シャシッチが選ばれている。なお、女子最優秀監督賞の最終候補には佐々木則夫監督が4度目のノミネートを果たした。

▽FIFAバロンドール2015の授賞式は2016年1月11日にスイスのチューリッヒで行われる授賞式で発表される。今回発表された最終候補者は以下の通り。[カッコ内は国/現所属クラブ]

宮間あや(30)[日本/岡山湯郷Belle]
カーリー・ロイド(33)[アメリカ/ヒューストン・ダッシュ]
セリア・シャシッチ(27)[ドイツ/引退]

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング