ホーム全勝の町田に勝利し、大阪がリーグ戦14連勝を飾る!!《ゼビオFリーグ》

超ワールドサッカー / 2016年11月23日 19時59分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽23日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第21節の5試合が行われた。ペスカドーラ町田vsシュライカー大阪は、8-4で大阪が勝利した。府中アスレティックFCvsバサジィ大分は2-2の引き分けに終わり、湘南ベルマーレvsデウソン神戸も3-3のドローとなった。エスポラーダ北海道vsアグレミーナ浜松は5-1で北海道が勝利し、ヴォスクオーレ仙台vs名古屋オーシャンズは8-0と大差をつけて名古屋が勝利している。

◆ペスカドーラ町田vsシュライカー大阪
▽町田・府中の共同開催となった一戦は、ホーム全勝中の町田とリーグ戦13連勝中の大阪が激突した。前半は大阪が2-0で終えると、後半は点の奪い合いとなる。4-1と大阪がリードして迎えた26分、町田は室田祐希、27分に日根野谷建が連続でゴールを奪って1点差とする。しかし退場者を出すなど流れに乗れず、結局大阪がヴィニシウスの4ゴールなどで8-4と大差をつけて勝利した。

◆府中アスレティックFCvsバサジィ大分
▽町田・府中共同開催のもう一つの試合は、6分に渡邉知晃が先制点を奪うと、24分には上福元俊哉が追加点を奪った。2点を追いかける大分は、34分にセットプレーから白方秀和のゴールで迫ると、36分には仁部屋和弘が同点ゴールを奪取。終盤は大分が主導権を握る展開となったが、逆転ゴールは生まれず引き分けに終わった。

◆ヴォスクオーレ仙台vs名古屋オーシャンズ
▽最下位の仙台(勝ち点8)と2位の名古屋(勝ち点44)の一戦は、名古屋のゴールラッシュとなった。13分にセルジーニョ、20分にシンビーニャのゴールで2点をリードした名古屋は、後半にもゴールを重ね、終わってみればシンビーニャがハットトリック。セルジーニョも2ゴールなど外国人選手の活躍で大勝を飾った。

◆湘南ベルマーレvsデウソン神戸
▽10位・湘南(勝ち点17)と6位・神戸(勝ち点30)の一戦は、前半を1-1で終えると、25分にロドリゴ、31分に高橋健のゴールで湘南が3-1とリードする。すると神戸は34分に原田浩平がこの試合2点目となるゴールで点差を詰める。迎えた35分には松宮充義が同点ゴールを奪取。しかし両チームともに勝ち越しゴールは奪えず試合はドロー決着となった。

◆エスポラーダ北海道vsアグレミーナ浜松
▽9位の北海道(勝ち点20)が、11位の浜松(勝ち点15)を迎えた一戦。北海道は立ち上がりの5分に水上玄太が先制ゴールを奪う。16分には野嶋倫にネットを揺らされて同点とされるが、18分に神敬治が勝ち越しゴールを奪って前半を終えた。後半は北海道が得点を重ねる。23分の本田拓磨のゴールを皮切りに、さらに2ゴールを加え、北海道が5-1と快勝した。

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング