J2昇格逃した栃木が6選手との契約満了を発表

超ワールドサッカー / 2016年12月7日 12時50分

▽J2・J3入れ替え戦を落としてJ2昇格が叶わなかった栃木SCは7日、MF斉藤大介(36)、MF佐々木勇人(34)、DF山形辰徳(33)、DF山越享太郎(25)、MF山本大稀(24)、DF西村洋平(23)の6選手が契約満了に伴い、来シーズンの契約を更新しないことを発表した。

▽今シーズンの明治安田生命J3リーグでは、斉藤が5試合、佐々木が19試合、山形が27試合1得点、山越が1試合、山本が20試合1得点、西村が4試合に出場していた。6選手は、クラブ公式サイトでそれぞれ以下のようにコメントしている。

◆MF斉藤大介
「この1年間、本当にお世話になりました。今シーズンでJ2に復帰することができず本当に残念ですが、来シーズンでの栃木SCのJ2昇格を心から応援しています。短い間でしたが、サポーターの皆さんやスポンサーの方々をはじめ栃木SCを支えてくださいました皆さま、本当にありがとうございました」

◆MF佐々木勇人
「1年間応援ありがとうございました!短い時間でしたが、栃木でプレーできてよかったです!来年も栃木でプレーし、J2昇格に向けて一緒に戦いたかったですが、それができなくなり残念です。陰ながら栃木SCを応援しています!これからも栃木SCの応援よろしくお願いします!」

◆DF山形辰徳
「5年間何ひとつ目標を達成できずにすみませんでした。そんな中変わらず応援してくださったことを心から感謝しています。ありがとうございました」

◆DF山越享太郎
「1年間という短い間でしたが、チームに貢献できず申し訳ない気持ちでいっぱいです。J2、J1と上のカテゴリーに行けるように頑張って下さい。応援しています」

◆MF山本大稀
「1年という短い期間でしたが、栃木SCの一員として闘えたことを誇りに思います!また、多くのことを学び、成長することが出来ました。ファン、サポーター、そして関係者の皆様、本当にありがとうございました」

◆DF西村洋平
「今シーズン限りで退団することになりました。目標としていた1年でのJ2昇格を果たせなかったこと、ピッチに立って栃木SCの力になれなかったことは、申し訳なく悔しい気持ちでいっぱいです。1年という短い時間でしたが、素晴らしいチームメイトやスタッフ、いつも温かい声援を送って頂いたサポーター、スポンサーの皆様に支えられ、かけがえのない時間を過ごすことが出来ました。この経験を糧にして、新しい場所で頑張ります。1年間ありがとうございました」

超ワールドサッカー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング