ミュラー、戦友ポドルスキの代表引退を惜しむ…「これ以上の良い筋書きはない」

超ワールドサッカー / 2017年3月23日 11時15分

写真:Getty Images

▽22日に行われたドイツ代表vsイングランド代表の国際親善試合は、この一戦をもって代表を引退するFWルーカス・ポドルスキの一発により、ドイツが1-0で勝利した。自身の得点で花道を飾ったポドルスキについて、ドイツ代表で長らくチームメートのFWトーマス・ミュラーがコメントしている。

▽数多くのハイライトを残してきたドイツ代表のキャリアに終止符を打つポドルスキは、このイングランド戦に先発。69分に中盤でボールを受けたポドルスキが迷わず得意の左足を振り抜くと、強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さった。結局、このゴールが決勝点となり、ドイツがイングランドを撃破している。

▽77分からピッチに立ったミュラーは試合後、「これ以上の良い筋書きは書けないね」とおとぎ話のような展開を信じられない様子で振り返り、戦友の代表引退を惜しんだ。ドイツサッカー連盟(DFB)の公式サイトが伝えている。

「僕がディレクターだったら、安っぽい展開だと言っているかもね。誰も想像していなかったんじゃないかな!」

「今は全てを楽しもう。いつもだったら、試合終了から10分でスタジアムに空席が目立ってくるけど、今日はみんながポルティを祝うために残っている。素晴らしいよ」

「ポルティはスペシャルな選手さ。130試合出場はなかなかできないこと。これからのトーナメントで彼がいないことを寂しく思う」

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング