ジルーが酒井宏樹の同僚に? マルセイユ、28億円で獲得狙う

超ワールドサッカー / 2017年4月25日 14時23分

写真:Getty Images

▽日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは、アーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)の獲得を狙っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽報道によれば、昨年10月にアメリカのビジネスマンであるフランク・マッコート氏によって買収されたマルセイユは、潤沢な資金を武器に、今夏のトップターゲットとするジルー獲得へ2000万ポンド(約28億1000万円)の移籍金を用意しているという。

▽2012年にモンペリエから1200万ポンド(当時のレートで約15億円)程度の移籍金でアーセナルに加入したジルーは、今シーズンの公式戦33試合(13得点)に出場している。しかし、先発出場数はわずか14回。その点で、マルセイユ側は、今年1月に2020年までの新契約にサインしたばかりのジルーをフランスへ連れ戻す余地があるとみているようだ。

▽また、今年1月にウェストハムから2500万ポンド(当時のレートで約36億円)でフランス代表MFディミトリ・パイエを獲得したマルセイユは、ジルーだけでなく、クリスタル・パレスのフランス代表MFヨアン・キャバイエの獲得も画策しているとのことだ。

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング