ミズノ新スパイク『REBULA』発表イベントで、日本代表FW本田圭佑やDF吉田麻也、FW岡崎慎司らがトークショー!

超ワールドサッカー / 2017年6月19日 23時30分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽ミズノは19日、新スパイク『REBULA V1 JAPAN』の発表イベントを千葉県内で実施。ミズノブランドアンバサダーである日本代表FW本田圭佑(ミラン/イタリア)、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)の海外組のほか、MF阿部勇樹、FW武藤雄樹(ともに浦和レッズ)、FW金崎夢生(鹿島アントラーズ)が参加し、トークショーを行なった。

(C)CWS Brains,LTD.
▽トークショーでは、吉田がMCを務める展開に。イベントのスタートに際してあまり他の選手が喋っていないことを吉田がつっこむと、本田が「武藤選手は初めて会いますからね」とコメント。この事実に集まった人々も驚くと、吉田と岡崎も初対面であることを明かした。

▽イベントのスタートとして本田、吉田、岡崎がモデルとなった『REBULA V1 JAPAN』のプロモーションムービーが流れ、“スピード(吉田)”、“クイックネス(岡崎)”、“ボールタッチ(本田)”の3つのポイントが紹介。各選手は、それぞれの特性について、『REBULA』を履いた感想とともに、想いを語った。

MC「“スピード”について、吉田選手いかがでしょうか」

(C)CWS Brains,LTD.
吉田「グリップがすごく効いているので、切り返しのところが無駄なく動けるようになりました。特にヨーロッパの芝は日本よりソフトで雨に濡れていることも多いです。(映像の)撮影もイングランドでやりましたが、何不自由なく、より良い感覚でできました。試合でも期待して良いんじゃないかなと思います」

岡崎「自分の特徴もアジリティの部分で、裏を抜けたりするとことです。このスパイクを履いた時に、生かせるなと思いました」

本田「僕はスピードを武器にしてプレーするタイプではないですけど、グリップが効いているということで、無駄なく次に切り返せるというのは、単純にスピードが上がるというよりは無駄をなくす。結果、早いということと、滑らなくて身体に負担がかからないことが、結果としてスピードを上げることになると思います」

MC「身体への負担についても大事なんですね」

吉田「シーズンが長いので、なるべく自分の体に負担がかからず、思った通りの動きをシーズンを通してできることが重要になります。それは非常に良いスパイクです。あと、モデルが良かったですね(笑)」

MC「“クイックネス”について岡崎選手はいかがでしょうか」

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング