永井雄一郎、ACL優勝メンバーずらりの後半に「丸くなった選手もいたけど、懐かしかった」《鈴木啓太 引退試合》

超ワールドサッカー / 2017年7月18日 1時38分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽『鈴木啓太 引退試合』が17日に浦和レッズの本拠地である埼玉スタジアム2002で行われた。REDS LEGENDS(浦和OB主体)vsBLUE FRIENDS(鈴木と同じ時代に日の丸を背負った仲間たち)は、4-4のドローに終わっている。

▽REDS LEGENDSの一員としてピッチに立った永井雄一郎は、2007年のAFCチャンピオンズリーグ優勝時のメンバーが勢ぞろいした後半について、「丸くなった選手もいたけど、あの距離感でプレーする風景が懐かしかった」と振り返った。

◆永井雄一郎(REDS LEGENDS)

(C)CWS Brains,LTD.

──鈴木啓太という選手について
「本当に真摯にサッカーに向き合う選手だった。全てにおいて真面目に取り組む選手だった」

──気を配れる選手だったとの評価をよく聞く
「それは間違いない。『気がつく』、『気がつける』、人間だったと思う。そういうところがあるからプレーを表現できていたんじゃないかなと」

──10年ほど前の戦友と久々のプレー
「今日だと、ACLを戦ったメンバー。あのピッチで景色の中にあの顔触れが入り込むと、丸くなった選手もいたけど、あの距離感でプレーする風景が懐かしかった」

──その当時からACL優勝から離れている
「それがサッカー。でも、今年はチャンスだと思う。2007年にACL優勝して、2008年にガンバ大阪と対戦して、僕らが負けて、ガンバがそのまま優勝した」

「今回は、川崎フロンターレと対戦する。勝てれば、その勢いのまま優勝できるだろうし、ターニングポイントになると思う。本当に頑張って欲しい」

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング