“結婚式の準備”ではなく急きょ北海道から合流の鹿島MF土居聖真「何か爪痕を残せて帰れたら」《EAFF E-1サッカー選手権》

超ワールドサッカー / 2017年12月7日 20時20分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽日本代表は7日、8日から開幕するEAFF E-1サッカー選手権2017に向けて都内でトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、急遽日本代表に招集されたMF土居聖真(鹿島アントラーズ)がミックスゾーンで記者の取材に応対。「結婚式の準備をしていた」というヴァイッド・ハリルホジッチ監督の発言については「間違った情報」と否定し、オフを北海道で過ごしていたと語った。

◆MF土居聖真(鹿島アントラーズ)
──急きょの日本代表招集となったが
「“もしかしたら”みたいな感じで、確定ではなかったので、今日は鹿島に帰ろうと思っていました。決まったということで来ました。(確定というのは今日聞いたのか)今日聞きました」

──オフからの切り替えが難しそうだが
「まだ、感覚的に、最終節が終わってからは体を動かしていなかったですが、めちゃくちゃ日にちが経ったわけでもなく、丁度いいぐらいなので、これからしっかりやりたいです。体調面というか、コンディションの部分を自分の中で上げていかなくてはいけないかなと思います」

──ハリルホジッチ監督からの要求とかは
「特にはないですね。これからだと思います。まだ練習しただけなので」

──鹿島の選手が多いことで入りやすかったのではないか
「それ以外の初めましての選手も気さくに話しかけたりしてくれましたし、入りやすかったです」

──スパイクなどは用意してもらった感じか
「そうですね。全部急きょです(笑)」

──ハリルホジッチ監督は会見で結婚式の話をしていたが
「本当に間違った情報なので、なんとも言えないです(笑)。普通にオフをしていました。慰労会でした。自分の中ではオフシーズンに入った感覚でいました」

──急なチャンスだと思いますが、日本代表に初招集されました
「無理矢理にでも切り替えようかなと考えています。たくさんの素晴らしい選手がいるので、刺激をたくさん受けて、それをしっかり自分のサッカー人生の成長に繋がるように、持って帰れればなと思います。追加(招集)ではありますが、来たからにはしっかり何か爪痕を残せて帰れたらなと思います」

──どういった部分を代表で出したいか
「鹿島でやっていることをそのままベースにしてプレーするのはもちろんですし、自分のプラスアルファの部分も出さなければと思います。攻撃の選手なので、攻撃でアクセントつくようなプレーができればと思います」

──今大会は国内組の選手にとってはワールドカップに向けた最後のアピールの場とも言われているが
「難しいですが、失うものは個人的には何もありません。今まで選ばれていたわけでもないので、3試合全部勝つことを目標にして、細かいところはたくさん選手たちをコミュニケーションをとっていきたいです」

「ホームでやれるアドバンテージもあると思うので、優勝するというのはノルマだと思います。そこにしっかり、内容も結果も付いてくれば最高だと思いますし、そうなるようにしっかりできればと思います」

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング