北朝鮮女子に完敗のなでしこ高倉麻子監督「北朝鮮の選手たちスタッフに優勝おめでとうと伝えたい」《EAFF E-1サッカー選手権》

超ワールドサッカー / 2017年12月15日 23時0分

──就任当初は一対一をもう一度見直そうと始まった中、今日の試合は一対一の局面は弱く改善されていないように感じるが
「世界と戦う場合に日本がずっと言われていることです。強さ、フィジカル的な要素やスピードで弱さがあります。そこを避けるためにグループでのプレーを選ぶ傾向にあります。ただ、私自身はその部分を組織に逃げるチーム作りはしたくないと思っています」

「そこは選手に要求しており、対峙したときに選手は取り組んでいるところですが、まだ追いつけていないです。チームプレーにフォーカスすると、そこを忘れている部分もありました。ただ、個が伸びないといけないというのは、選手たちが自分たちで言っていることでしたし、個の強さは追求していきたいと思っています」

──悔しい敗戦だが、3試合は選手入れ替えながら戦った。トータルでの手応えは
「前の2試合に関して言えば、流れの中でもう少し楽に試合できなければいけないところでした。ミスから1点差の試合になりましたが、その中でも勝ち切れたことでひとつチームの階段を上がったと思います。ただ、北朝鮮のようなさらに力強いチームと対戦したときに、なんとなく日本のペースにように見えても、結局はねじ伏せられました」

「その印象が強く残っています。プラスのところを明るく言える雰囲気ではないです。最後にサポーターの方達に厳しい言葉を頂きました。日本を背負う重みを強く感じました。そこはとてもチームにとって悔しい思いをバネにするという意味で財産になったと思います」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング