ゴンサロ・ゲデス1G1Aのバレンシアがデポルティボに逃げ切り勝利《リーガエスパニョーラ》

超ワールドサッカー / 2018年1月14日 6時37分

写真:Getty Images

▽バレンシアは13日、リーガエスパニョーラ第19節でデポルティボとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。

▽前節ジローナ戦を2-1と逆転勝利して3試合ぶりに白星を飾った3位バレンシア(勝ち点37)は、4日前に行われたラス・パルマスとのコパ・デル・レイ5回戦2ndレグを4-0と完勝。そのラス・パルマス戦のスタメンから8選手を変更。コンドグビアとアンドレアス・ペレイラが出場停止で欠場となった中、この冬にアーセナルから獲得したコクランが先発となった。

▽立ち上がりからバレンシアがボールを持つ時間を伸ばしていく中、ホームチームのデポルティボも鋭い攻めで応戦。10分にはボルジェスのミドルシュートがGKネトを脅かすと、13分にはCKからボルジェスのヘディングシュートがバーを直撃した。

▽引き続き敵陣でボールを持つバレンシアは、27分に左サイドからのゴンサロ・ゲデスのクロスが枠を捉えたが、GKの好守に阻まれる。さらに33分、ゴンサロ・ゲデスが強烈なミドルシュートを放ったが、わずかに枠を捉えられなかった。

▽それでも37分、ボックス手前左からゴンサロ・ゲデスの放ったシュートがGKルベン・マルティネスのキャッチミスを誘って、バレンシアが先制した。

▽幸運な形でリードしたバレンシアは迎えた後半、リスクを冒さずデポルティボの攻撃を受け止めていく。

▽そして64分、順当に突き放した。敵陣でボールを奪い、ゴンサロ・ゲデスの横パスを受けたゴール正面のロドリゴ・モレノが左足でシュート。これがDFにディフレクトしてネットが揺れた。

▽2点をリードしたバレンシアは終盤にかけて自陣に構えてデポルティボの攻撃を封じていく。結局、88分にアンドネにゴールを許したバレンシアだったが、2-1で逃げ切り。2位アトレティコ・マドリーを2ポイント差で追走している。

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング