元イングランド代表MFライアン・メイソンが26歳で現役引退…頭部骨折の重傷から復帰目指すもドクターストップ…

超ワールドサッカー / 2018年2月13日 23時0分

写真:Getty Images

▽ハル・シティは13日、クラブに所属する元イングランド代表MFライアン・メイソン(26)の現役引退を発表した。

▽メイソンは、2017年1月22日に行われたプレミアリーグのチェルシー戦に先発したものの、13分にチェルシーのイングランド代表DFギャリー・ケイヒルとの競り合い時に頭をぶつけてピッチに転倒。頭部に強い打撃を受けたメイソンは意識こそあるものの、酸素吸入器による処置を受けるなど、プレー続行不可能となり、数分間に渡る治療の後に担架でピッチを後にした。

▽その後、メイソンは搬送先の病院で頭蓋骨の骨折が確認されたため、同日中に手術を受けた。そして、同月30日に退院した同選手は、復帰に向けてリハビリを開始。過去に頭部陥没骨折の重傷を負いながらも復帰して活躍するアーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフらのサポートを受けて、懸命にリハビリを続けてきた同選手だが、医師との話し合いの結果、負傷から約1年後に現役引退を決断した。

▽メイソンはハル・シティの公式サイトを通じて以下のような声明を発表している。

「僕は医療の専門家によるアドバイスを受けて、プロフットボールの世界から引退することを決めた」

「ピッチに戻るために一生懸命努力をしてきた。だけど、残念ながら、専門的なアドバイスを受けた今、ケガのリスクを考慮して引退しなければならなくなった」

「2017年1月、生命を脅かすようなケガから回復するのを助けてくれた多くの人たちには、永遠に感謝を抱き続けるよ。毎日隣りに居てくれたフィアンセのレイチェルにも感謝したい。彼女はどんなに厳しいときでも、僕に必要な力を与えてくれた。僕たちは完璧な息子のジョージの両親になれたことも、とても幸運だった」

「母、父、姉妹、そしてすべての家族と周囲の友人にもありがとうと伝えたい。彼らのしてくれた全てに感謝している。僕たちが直面した出来事は本当に厳しいものだったけど、みんなが自分を支え続けてくれたことに関して、その愛とサポートへ感謝を伝える言葉を選ぶのは難しいよ」

「同時にハル・シティのみんな、とりわけ僕の回復を助けてくれたドクターのマーク・ウォーラーとすべてのメディカルチームに感謝を示したい。会長や幹部の人々にも、僕の回復を忍耐強く待ってくれたことに感謝したい」

「トッテナム・ホットスパーについて話すと、あまりにも多くの名前を挙げなければならなくなるよ。特にジョン・マクダーモット、監督たち、僕の夢を叶える助けとなってくれたみんなに特別な感謝を伝えたい」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング