自信を取り戻しつつあるチェルシーFWジルー「新たなチャレンジが必要だった」

超ワールドサッカー / 2018年2月14日 20時2分

写真:Getty Images

▽デッドライン・デイにアーセナルからチェルシーに完全移籍したフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、新天地での活躍に必要なことを語った。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。

▽ジルーは、モンペリエから2012年にアーセナルへ完全移籍。身体の強さと勝負強さをみせ、加入5シーズンでプレミアリーグ通算73ゴールを記録していた。

▽しかし、1月31日にガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがアーセナルに移籍することを受け、1800万ポンド(約26億8700万円)でチェルシーへ移籍。ここまでプレミアリーグで2試合に出場すると、12日のWBA戦では先発出場を果たし、アシストを記録していた。

▽ジルーはチェルシーへの移籍について、「定期的にプレーしたころからしばらく時間が空いたので、移籍する必要があった」とコメント。またチェルシーについては、「新たなチャレンジが必要だったし、チェルシーは僕にとって完璧なクラブだった」と語り、チェルシーの良さを口にしている。

「チェルシーは、プレミアリーグにおいて、過去10年間で他のクラブよりも多くのタイトルを獲得しているクラブだ」

「ビッグクラブであり、ここでプレミアリーグのキャリアを続けられていることを誇りに思う」

▽また、古巣であるアーセナルについても言及しながらも、チェルシーでの戦いに集中すると語っている。

「アーセナルでは、5年もの素晴らしい時期があった。ただ、今はキャリアの新しい章に入っており、僕は目標達成のためにブルーズに100%集中している。ここに居ることができて、とても嬉しいよ」

▽ジルーは、アーセナル時代に今シーズンのFAカップへ出場していなかったため、16日に行われるハル・シティ戦に出場することが可能となった。また、アーセナルがヨーロッパリーグに出場しているため、チャンピオンズリーグにも出場することができる。

▽ジルーは、チェルシーの一員として2つのカップ戦タイトルの獲得を目指すと語った。

「僕はFAカップとチャンピオンズリーグに戻ってくる。段階的に試合に出場していくだろう」

「FAカップを勝ち取りたいと思っているし、その後にチャンピオンズリーグでバルセロナ、そしてマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティとのアウェイゲームが続く」

「だからこそ、僕たちは自信を必要としている。ただ、勢いが必要だね」

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング