愚行のキャラガー氏、解説者契約を結ぶ『スカイ』が今季終了までの職務停止を発表

超ワールドサッカー / 2018年3月15日 1時40分

写真:Getty Images

▽イギリス放送局の『スカイ』は14日、同局の『スカイ・スポーツ』で解説者契約を結ぶ元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏の職務を今シーズン終了まで停止することを発表した。

▽キャラガー氏は、10日にオールド・トラフォードで行われたプレミアリーグ第30節のマンチェスター・ユナイテッドvsリバプール(2-1でユナイテッドが勝利)終了後、同氏の車に並走したフットボールファンの男性が運転する車に対し、唾を吐くとこれが助席に座る14歳の少女にかかってしまうという問題を起こしていた。

▽なお、キャラガー氏は、翌日の夜にその男性と男性の娘である14歳の少女に対して、直接電話で謝罪をしていた。

▽しかし、この事態を重くみた『スカイ』は、キャラガー氏との話し合いを行った上で、以下のような声明を発表した。

「スカイはジェイミー・キャラガー氏から聞き取り調査を行い、今シーズン終了まで彼の職務を停止する決定を下した」

「今回の一件でジェイミーは、全ての誤りを認め、責任を負った。そしてこのようなことが二度と起こらないように我々は彼を支援していくつもりだ」

「来シーズンについては、シーズンが始まる前に戻る準備が整っているか、ジェイミーと話し合いを行う予定だ」

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング