連勝のバイエルンが7季連続ベスト8進出! ベシクタシュは一矢報いるも大差で敗退に…《CL》

超ワールドサッカー / 2018年3月15日 4時1分

写真:Getty Images

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、ベシクタシュvsバイエルンが14日にベシクタシュ・パークで行われ、アウェイのバイエルンが3-1で勝利した。この結果、2戦合計8-1としたバイエルンがベスト8進出を果たした。

▽先月20日に行われた1stレグは前半16分のヴィダの退場もあって数的優位を手にしたバイエルンがミュラーとレヴァンドフスキが共に2ゴールを奪うなど、ホームで5-0の先勝を収めた。

▽ベスト8進出が絶望となったベシクタシュだが、その後のリーグ戦ではフェネルバフチェ戦を含めて3連勝と、首位のガラタサライに3ポイント差とし、チーム状態は悪くない。ホームの大観衆の後押しを受けて一矢報いたい今回の一戦に向けては前回対戦から大量7選手を変更。ペペやアドリアーノ、タリスカ、バベルら主力が先発を外れ、ウイサルやアルスランなどトルコ人選手が先発に入った。

▽一方、敵地での2ndレグを前に準々決勝への切符をほぼ手中に収めたバイエルンはその後のリーグ戦を2勝1分けと良好なチーム状態を維持。大幅なターンオーバーの可能性も予想されたが、直近のハンブルガーSV戦からキミッヒとロッベンに代わってラフィーニャ、チアゴを起用した以外同じメンバーを起用した。

▽熱狂的なベシクタシュサポーターが完全アウェイの雰囲気を作り出す中、ホームサポーターの後押しを受けたベシクタシュが積極的な入りを見せる。控えメンバー主体もクアレスマ、ペクテメク、レンスの2列目が流動的にポジションを入れ替えながら、それに1トップのヴァグネル・ラブが呼応する形で幾つか惜しい場面を作っていく。

▽一方、立ち上がりにアラバの左クロスからビダルにいきなりヘディングシュートのチャンスが訪れるも以降は相手の攻撃を受ける展開が続くバイエルン。それでも、組織的な守備やビダルの球際の強さを生かして決定機を作らせない。すると、18分にはカウンターからリベリ、ビダルと繋ぎ右サイドのミュラーに展開。ここでミュラーがゴール前に絶妙なクロスを供給すると、ニアに走り込んだレヴァンドフスキが相手DFを引っ張り、空いたファーに走り込んだチアゴが左足ワンタッチで合わせ、幸先良く先制点を奪った。

▽この先制点でベスト8進出をより確かなものとしたバイエルンは、クアレスマが積極的にミドルシュートを狙う相手の反撃を冷静に撥ね返す。だが、30分過ぎにアクシデントが発生。先制点を決めたチアゴが足首を痛めてプレー続行不可能に。これを受けて、1stレグでの負傷交代以降、離脱が続いていたハメス・ロドリゲスが緊急投入された。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング