若きC大阪、広州恒大に及ばず無念の敗退…《ACL2018》

超ワールドサッカー / 2018年4月17日 22時10分

写真:Getty Images

▽セレッソ大阪は17日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループG最終節で広州恒大(中国)のホームに乗り込み、1-3で敗北。この結果、C大阪の敗退、広州恒大の首位通過が決まった。

▽2位のC大阪(勝ち点8)が、首位の広州恒大(勝ち点9)と首位でのグループリーグ突破をかけて争った一戦。C大阪は3位ブリーラム(勝ち点6)に負け越しているため、引き分け以下で敗退の可能性もある首位攻防となった。

▽C大阪は、1-0で勝利した直近の明治安田生命J1リーグ第8節から西本以外のスタメン10名を変更。柿谷、杉本らに代えて、ヤン・ドンヒョン、山村らを起用した。

▽試合の立ち上がりから、広州恒大が猛攻をしかける。2分、ボックス手前中央でボールを持ったグデリが、豪快に右足を振り抜く。ボールは枠を捉えなかったが、積極的にシュートを浴びせていく。

▽6分、リー・シャオペンの縦パスをボックス内で受けたファン・ボーウェンが、ボックス内でワントラップし、マークに付いていたC大阪DFをはがす。そのまま左足を振り抜き、ネットを揺らした。

▽それでも、C大阪は直後に反撃に出る。カウンターの場面でピッチ中央付近の山田が、最終ラインの裏に抜け出す福満にラストパスを供給。GKゾン・チョンとの一対一を迎えた福満がドリブルでかわし、無人のゴールに流し込んだ。

▽25分、リー・シャオペンが左サイドを突破し、中央に折り返す。しかし、ジェン・ロンが合わせたシュートは舟木が身体でブロック。多くのタレントを抱える相手に押し込まれつつも、最後の場面で集中した守備を披露する。

▽39分、今度はC大阪にビッグチャンスが訪れる。再びカウンターの場面で、ボックス手前のヤン・ドンヒョンが裏に走る山田にスルーパスを送る。しかし、一対一ではGKゾン・チョンに軍配が上がり、右足で放ったシュートは逆転弾にはならない。

▽さらに、前半終了間際の44分には左サイドから片山が得意のロングスローを入れる。ボックス内のヤン・ドンヒョンのヘディングシュートはバーに阻まれたが、広州恒大のゴールを脅かしていく。

▽折り返しを迎えた試合、広州恒大はハーフタイム中にグラルに代えてリャオ・リシェンを起用。C大阪のカウンターを警戒するようなカードを切った。

▽49分、ボックス左に侵攻したヤン・ドンヒョンに厳しいチェックがかかり、ボックス内に混戦がもたらされる。こぼれ球に反応した福満がシュートを放ったが、うまくミートさせられずに得点には繋がらなかった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング