ミラン買収を諦めないコンミッソ氏「ユーベのファンだったが…」

超ワールドサッカー / 2018年7月9日 3時55分

写真:Getty Images

▽ミラン買収に名乗りを上げていたロッコ・コンミッソ氏が、イタリア『スカイ』のインタビューに応じた。

▽コンミッソ氏は一時、ミラン買収が決定的になったと報じられたが、その後取引は破談となっている。ただ、再び交渉の席に戻っており、買収に意欲をのぞかせているところだ。

▽ミラン買収について問われた同氏は「この取引のために長い時間を費やしてきた。我々は予備契約のサイン寸前のところまできていたがまとまらなかった」と明かしたが、まだ交渉の余地はあると認めた。

▽さらにコンミッソ氏は「私はイタリアが大好きだ。イタリア生まれだしね。長くサッカーをプレーしてきたし、このスポーツのことは十分知っている」と、熱量は十分。「私はユベントスのファンだった」と認めたが、「今のユベントスは素晴らしい。今の彼らに私のお金は必要ないだろう」と、ミランに集中していることを強調した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング