イングランドに不安…30戦無敗のタリスマン、ヘンダーソンに負傷疑惑

超ワールドサッカー / 2018年7月9日 16時45分

写真:Getty Images

▽イングランド代表は11日にロシア・ワールドカップ(W杯)準決勝でクロアチア代表と対戦する。この重要な一戦を前に主力MFジョーダン・ヘンダーソンのコンディションが懸念されている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽7日に行われた準々決勝でスウェーデン代表戦に2-0で勝利したイングランドはその翌日を休養日にあて、9日にクロアチア戦に向けたトレーニングを再開する。だが、『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、ヘンダーソンがハムストリングに張りを訴えており、同日の練習を回避する可能性があるようだ。

▽現時点でヘンダーソンのケガは深刻なものではないようだが、イングランドのメディカルスタッフはクロアチア戦に向けて慎重な対応が求められているようだ。

▽また、イングランドでは股関節を痛めてラウンド16のコロンビア代表戦のPK戦を回避したFWジェイミー・ヴァーディに関してもクロアチア戦に向けてコンディションが懸念される1人だという。

▽なお、今大会では0-1で敗戦したグループリーグ最終節のベルギー代表戦を除いて全試合に出場しているヘンダーソンは、イングランド代表で出場した直近の30試合で無敗(23勝7分け)を継続中。これはイングランド歴代最長の無敗記録だ。そのため、仮に心強いタリスマンを欠くようなことがあれば、クロアチア戦ではより厳しい戦いを強いられるかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング