ローマが今夏10人目の新戦力として若手ブラジル人GK獲得!

超ワールドサッカー / 2018年7月9日 22時34分

写真:Getty Images

▽ローマは9日、パルメイラスからブラジル人GKダニエウ・フザート(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「63」に決定。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。

▽パルメイラスでトップチームに昇格したフザートは、2016年にU-20ブラジル代表に招集された経験もある有望株だ。

▽ローマ加入が決定したフザートはクラブ公式サイトで意気込みを語っている。

「今日、僕のキャリアにおける信じられないほど素晴らしい新たな冒険がスタートする。ローマはその長い歴史において多くの優れたブラジル人GKがプレーしてきたから、クラブのことはよくわかっているつもりだよ。僕はその偉大な系譜を受け継げるように全力を捧げるつもりだ」

▽また、現役時代にGKだったローマの敏腕SD(スポーツ・ディレクター)のモンチ氏(写真)は、「ダニエウに関しては、ローマの今後を背負って立つ可能性を持ったプレーヤーだと思っている」と、大きな期待を口にしている。

▽なお、今夏10人目の新戦力としてローマに加入したフザートは、正GKであるブラジル代表GKアリソン・ベッカー、今夏加入の第2GKアントニオ・ミランテに次ぐ第3GKの役目を担う。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング