エル・ニーニョの移籍先が決定! 新天地は鳥栖

超ワールドサッカー / 2018年7月10日 16時50分

写真:Getty Images

▽元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)が10日、移籍先を表明した。行き先は、サガン鳥栖。シドニーFCや北京人和、シカゴ・ファイアーの名前も取り沙汰される中、一時破談が囁かれた鳥栖行きを決断した。

▽トーレスは、2015年冬に幼少期から過ごす古巣アトレティコ・マドリーに復帰。だが、ヨーロッパリーグ(EL)優勝を置き土産に2017-18シーズン限りで退団した。過去、リバプールや、チェルシー、ミランでもプレー。チェルシーでチャンピオンズリーグとEL制覇を経験した。

▽スペイン代表キャリアにおいては、2003年にデビュー。通算110試合38得点を誇り、2010年大会のワールドカップ優勝と、2008年から2大会連続のユーロ制覇に貢献した。

▽なお、背番号は馴染みの深い「9」に決定。それに伴い、鳥栖は同日、元韓国代表FW趙東建の背番号が「9」→「19」に変更することを併せて発表している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング