アンリが指導業に専念 英『スカイ』の解説辞める

超ワールドサッカー / 2018年7月18日 9時30分

写真:Getty Images

▽元フランス代表FWのティエリ・アンリ氏(40)が指導者キャリア一本に絞った。

▽現役時代にモナコやユベントス、アーセナル、バルセロナなどでプレーしたアンリ氏は、2014年の現役引退後、イギリス『スカイ・スポーツ』の解説者に。その後、2016年8月から並行してベルギー代表のアシスタントコーチも務め、3位入賞のロシア・ワールドカップでもチームをサポートした。

▽アンリ氏は17日、自身のツイッター(@ThierryHenry)を通じて、指導者キャリアに専念する意向を次のように綴った。

「この4年間、私は今後のためになるコーチングの経験をさせてもらった。その経験は、フットボールの監督になるという長期的な野望を果たすことに生かされるはず」

「スカイ・スポーツを離れなければならないのだから悲しい。でも、それにより、ピッチでより多くの時間を使うことができ、この旅の目的を成し遂げることに集中もできる」

「スカイのみんなに感謝したい。私を歓迎してくれたみんなとの時間は居心地が良かった。みんなの幸運を祈る。素晴らしい思い出になったよ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング