バルセロナ、W杯日本戦でゴールのセネガル代表右SB獲得に動く!

超ワールドサッカー / 2018年7月22日 14時37分

写真:Getty Images

▽バルセロナがベルギーのオイペンに所属するセネガル代表DFムサ・ワゲ(19)の獲得に動いているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

▽2016年にカタールのアスパイアー・アカデミーからオイペンに加入したワゲは、昨シーズンは公式戦28試合に出場し4アシストを記録していた。

▽また、2017年3月にデビューを果たしたセネガル代表ではここまで12試合に出場。卓越した身体能力とスタミナ、攻撃センスを武器に右サイドバックの主力に定着すると、ロシア・ワールドカップの日本代表戦では代表初ゴールを記録するなど、印象的なパフォーマンスを披露した。

▽『ムンド・デポルティボ』の伝えるところによれば、バルセロナはスペイン代表MFセルジ・ロベルトを本職の中盤に戻し、ワゲをポルトガル代表DFネウソン・セメドと共に右サイドバックのポジションで競わせたい意向のようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング