FC東京5発大勝で9戦負けなし! 横浜FM終盤巻き返すも及ばず…《J1》

超ワールドサッカー / 2018年7月22日 21時0分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽明治安田生命J1リーグ第17節のFC東京vs横浜F・マリノスが、22日に味の素スタジアムで行われ、5-2でFC東京が勝利した。

▽リーグ8試合負けなしの2位FC東京が、連勝中の10位横浜FMをホームに迎えた一戦。

▽FC東京は、1-0で勝利した前節の柏レイソル戦からスタメンを2名変更。大森、富樫に代えて、田邉、ディエゴ・オリヴェイラを起用した。

▽横浜FMは、8-2で快勝した前節のベガルタ仙台戦からスタメンを変更せず。全く同じメンバーで試合に臨んだ。

▽試合の立ち上がりは、ボールを持つ横浜FMに対してFC東京がカウンターを狙うという構図が続く。すると、ターゲットとなっているディエゴ・オリヴェイラが、ボックス手前左でFKを獲得する。

▽8分、キッカーを務めるのは太田。左足で直接狙うと、精度の高いシュートがDF中澤の頭を超えて鋭く曲がり、ゴール左上を捉える。GK飯倉の反応も及ばず、明日23日に31歳の誕生日を迎える男の一振りで貴重な先制点を奪い切った。

▽さらに26分にも、FC東京が決定機を作り出す。ディエゴ・オリヴェイラのキープから田邉にボールが渡り、田邉がボックス手前中央やや遠い位置からグラウンダーのシュートを放つ。すると、最前線に入っていたディエゴ・オリヴェイラの脚に当たってコースが変わり、ボールはゴール左に吸い込まれた。

▽そして前半終了間際の45分にも、田邉が最終ラインの裏に抜け出す。飛び出したGK飯倉をかわして角度のないところからシュートを放つと、ボールは無人のゴールに転がり込んだ。

▽FC東京が3-0のリードで迎えた後半、横浜FMは攻撃のテコ入れを図る。52分、喜田に代えて、ウーゴ・ヴィエイラを投入。点取り屋を起用して攻勢を強めていく。しかし、主導権を奪い切ることはできず。54分にディエゴ・オリヴェイラのシュートが右ポストを叩くなど、FC東京のぺースが続く。

▽すると60分、FC東京が勢いそのままにチャンスを迎える。高萩からのパスを受けた東が、ボックス右からダイレクトシュートを狙う。これがまたしてもネットを揺らし、チームの4点目となった。64分にも、FC東京の左CKから混戦が生まれ、最後は岡崎が押し込んで自身のJ1初ゴールとする。

▽それでもその後、ボックス左に侵攻した天野が米本に倒され、横浜FMがPKを獲得。
キッカーのウーゴ・ヴィエイラが落ち着いて沈め、一矢報いる得点とした。それでも圧倒的なアドバンテージを得ているFC東京は、ディエゴ・オリヴェイラに代えて永井を投入。よりカウンター色を強め、勝ち切る戦いにシフトしていく。

▽試合終了間際の89分、横浜FMマリノスがさらに意地を見せる。ボックス内でウーゴ・ヴィエイラがキープし、こぼれたボールに山田が反応。足先に当ててネットを揺らした。

▽結局、試合は5-2のスコアで終了。この結果、FC東京は9試合負けなしに。横浜FMは前節の快勝の勢いを削がれるような、手痛い敗北を喫した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング