バルサ加入のラングレ「彼らと対戦する必要がなくなって本当良かった(笑)」

超ワールドサッカー / 2018年7月23日 16時30分

写真:Getty Images

▽セビージャから加入したバルセロナのフランス人DFクレマン・ラングレが、同クラブへの加入に満足感を示している。スペイン『アス』が『バルサTV』を引用して伝えた。

▽ナンシーの下部組織出身のラングレは2017年1月にセビージャに移籍。フィード力を兼ねた現代的な左利きのセンターバックで、2017-18シーズンは公式戦54試合4得点を記録した。

▽2023年6月30日までの契約でバルセロナに加入したラングレは、同クラブと対戦する必要がなくなったと冗談交じりに話しながら、意気込みを語っている。

「彼らと対戦する必要がなくなったんだ。本当に来てよかったよ(笑)」

「メッシは世界で最高の選手だよ。彼は簡単に試合を支配して、彼が望むように点を奪う。少し運が良いとたまに止めることができるけど、今度は他の選手に拾われてしまうんだよ」

「良い選手とプレーする時は、フィットするのが少し楽になるんだ。そして、このクラブは全選手がトップレベルだ」

「バルセロナの哲学は後ろからボールを運ぶこと。このようなスタイルでプレーするのは世界で一つしかない。みんながバルセロナの街の素晴らしさを教えてくれた。そしてバルセロナにサインした以上、このクラブから退団したくないよ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング