日本代表GK川島永嗣は引き続きリーグ・アンでプレーか? 複数クラブが興味

超ワールドサッカー / 2018年7月24日 10時48分

写真:Getty Images

▽日本代表としてロシア・ワールドカップでも4試合でゴールを守ったGK川島永嗣(35)。所属のメスはリーグ・ドゥへと降格したが、川島はリーグ・アンでプレーが続けられるかもしれない。『フランス・フットボール』が報じた。

▽川島は、2016年8月にダンディー・ユナイテッドからメスへと加入。加入当時は第3GKとしての位置付けだったが、シーズン終盤に出場機会を確保。2017-18シーズンはリーグ・アンで30試合に出場し、正GKのポジションを確保した。しかし、チームは2部に降格。川島もメスとの契約が満了を迎え、フリーとなっている。

▽『フランス・フットボール』によると、川島にはリーグ・アンの複数クラブがコンタクトを取っているとのこと。トゥールーズやディジョンが興味を示していた。また、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユも第2GKのヨアン・プレに退団の可能性があるため、注視していたとのこと。しかし、プレは先日2020年までマルセイユとの契約を延長したため、可能性は低くなりそうだ。

▽現時点では所属クラブがない川島だが、ワールドカップやリーグ・アンでのプレーで獲得を目指すクラブはあるようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング