ロシアW杯後に代表引退した元イラン代表FWグーチャンネジャドがAPOELに加入

超ワールドサッカー / 2018年7月24日 19時50分

写真:Getty Images

▽APOELニコシアは24日、ヘーレンフェーンから元イラン代表FWレザ・グーチャンネジャド(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年となる。

▽幼少期に移住したオランダのヘーレンフェーンでプロデビューを飾ったグーチャンネジャドは、ゴー・アヘッド・イーグルスとカンブールという国内クラブ、ベルギーのシント=トロイデンVV、スタンダール・リエージュ、イングランドのチャールトンなど国外の複数クラブを渡り歩いた。

▽その後、2016年には古巣のヘーレンフェーンに復帰を果たし、在籍2シーズンでリーグ戦27ゴールを挙げる活躍を見せていた。

▽また、イラン代表では通算44試合に出場し16ゴールを記録。先のロシア・ワールドカップではメンバー入りを果たすも、出場機会は訪れず。同大会終了後に代表引退を発表していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング