サッリの本命はレヴァンドフスキ?

超ワールドサッカー / 2018年8月1日 15時20分

写真:Getty Images

▽イギリス『デイリー・スター』は、チェルシーがバイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(29)の獲得を狙っていると報じた。

▽新シーズンからマウリツィオ・サッリ氏を新指揮官に迎えたチェルシー。以前からナポリ時代の教え子であるユベントスのアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインとの再会を希望しているとされてきたサッリ監督だが、『デイリー・スター』によれば、本命は違う。

▽そのサッリ監督のトップターゲットは、3度のブンデスリーガ得点王受賞歴を誇るレヴァンドフスキ。しかし、バイエルンは移籍を希望するレヴァンドフスキの手放しを拒んでおり、ニコ・コバチ監督も代えの効かない選手として、放出に否定的な発言をしている。

▽プレミアリーグの今夏移籍市場閉幕日は9日。現有戦力としてスペイン代表FWアルバロ・モラタやフランス代表FWオリヴィエ・ジルーなどを手駒に持つサッリ監督だが、ポーランド人ストライカー引き入れの願いは叶うのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング