イケル・カシージャス、今季が現役最後か ポルトで引退の意向

超ワールドサッカー / 2018年8月3日 11時40分

写真:Getty Images

▽元スペイン代表GKイケル・カシージャス(37)にとって、ポルトが現役最後のクラブになるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

▽レアル・マドリーの下部組織で育ったカシージャスは、1999年にプロデビュー。3度のチャンピオンズリーグ制覇を誇り、2000年にデビューしたスペイン代表としてもW杯優勝やユーロ連覇を経験するなど輝かしいキャリアを築いたが、2015年夏にレアル・マドリーを去り、ポルトに活躍の場を移した。

▽そのカシージャスを巡っては、ポルトとの契約が2017-18シーズン限りだったこともあり、アメリカやイングランド行きの可能性が取り沙汰されてきたが、今年5月に1年間の延長で合意。そして、ポルトガル『RTP』に対して、次のように語り、ポルトでの現役引退意向を明かしたという。

「僕は、人生の大部分をレアル・マドリーというクラブに捧げた。レアル・マドリーは、史上最高のクラブだと確信している。でも、ポルトガルの強豪ポルトに来て、とても幸せになることができた。ここでキャリアの幕を下ろしたい」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング