バレンシアDFモントーヤがベティス移籍を希望

超ワールドサッカー / 2018年8月4日 19時40分

写真:Getty Images

▽バレンシアのスペイン人DFマルティン・モントーヤ(27)が、ベティス移籍を目指しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

▽バレンシアは今夏、スポルティング・リスボンからイタリア人DFクリスティアーノ・ピッチーニを完全移籍で獲得。これにより控えに回されることが濃厚とみられているモントーヤが、退団を希望しているようだ。

▽同選手の代理人が、スペイン『ABC』に以下のように明かしている。

「これ以上(プレシーズンの)フレンドリーマッチに参加したくないということを、彼は既にバレンシアに伝えている」

「彼はベティスに移籍したいと思っていて、それは監督に伝達済みだ」

▽日本代表MF乾貴士も今シーズンから加入した、魅力的な攻撃サッカーを特徴とするベティスへの移籍を望むモントーヤ。しかし、バレンシアの見込む移籍金700万ユーロ(約9億円)に対してベティスは半額も用意することが出来ておらず、金銭面が課題となっていることも伝えられている。

▽バルセロナのマシアで育成されたモントーヤは、2010年にトップチームデビューを果たしたものの、定位置を掴むことはできず。2015年夏にレンタルで加わったインテルでも満足のいく出場機会を確保することは叶わず、2016年夏にバレンシアに完全移籍していた。昨シーズンは、公式戦31試合4アシストを記録している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング