オーバメヤン&ネルソン弾でアーセナルがラツィオに完勝《プレシーズンマッチ》

超ワールドサッカー / 2018年8月5日 6時2分

写真:Getty Images

▽アーセナルは4日、プレシーズンマッチでラツィオと対戦し、2-0で勝利した。

▽1日に行われたICC2018のチェルシー戦を1-1で終え、PK戦の末に6-5で勝利したアーセナルは、その一戦からスタメンを全員変更。GKに新加入のレノ、最終ラインは右からリヒトシュタイナー、チャンバース、ホールディングス、ナイルズと並べた。フラットな中盤は右からネルソン、トレイラ、ジャカ、イウォビと並べ、2トップにはラカゼットとエンケティアが起用された。

▽試合はアーセナルが良い入りを見せると14分、中盤でボールを受けたリヒトシュタイナーのロングパスでボックス右に抜け出したラカゼットが、後方からのボールをダイレクトボレーで合わせたが、これは相手GKに防がれた。

▽攻勢を続けるアーセナルは18分、ネルソンのパスをボックス左で受けたイウォビが縦に切り込み左足一閃。このシュートはポストに弾かれるも、こぼれ球をゴール前のネルソンが押し込んだ。

▽先制を許したラツィオは30分、ボックス右でパスを受けたルイス・アルベルトが技ありのループシュートでアーセナルゴールに迫ったが、これはクロスバーを直撃した。

▽迎えた後半、リードするアーセナルはエンケティアとネルソンを下げてオーバメヤンとグエンドウジを投入。さらに62分には、イウォビやジャカ、リヒトシュタイナーらを下げてエジルやムヒタリアン、エルネニーらをピッチに送り出した。すると、64分に追加点が生まれる。

▽エルネニーがゴール前まで持ち上がると、ゴール前の混戦からボールを持ちだしたラカゼットが後方へパス。これを受けたオーバメヤンがカットインからシュートをゴール右隅に流し込んだ。

▽リードを広げたアーセナルは、80分にも決定機。エジルのパスをボックス右手前で受けたオーバメヤンがミドルシュート。相手GKの弾いたボールをムヒタリアンが詰めたが、これは相手DFのブロックに阻まれた。

▽結局、試合はそのまま2-0で終了。オーバメヤン&ネルソン弾を守り切ったアーセナルが、ラツィオに完勝した。

アーセナル 2-0 ラツィオ
【アーセナル】
ネルソン(前18)
オーバメヤン(後19)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング