アヤックスやバレンシアでプレーした元オランダ代表MFマドゥーロが現役引退

超ワールドサッカー / 2018年8月9日 17時50分

写真:Getty Images

▽アヤックスやバレンシアでプレーした元オランダ代表MFヘドヴィヘス・マドゥーロ(33)が9日に現役引退を発表した。同選手が自身の公式『ツイッター(@madurohedwiges)』で明かした。

▽昨季限りでキプロスのオモニア・ニコシアとの契約を解消したマドゥーロには母国のクラブを中心に幾つかオファーが届いていたものの、33歳でスパイクを脱ぐ決断をした。

「神様、家族、監督やコーチ、チームメート、ファン、ドクター、そしていつでも僕のことを信じ続けてくれた人たちに感謝の言葉を贈りたい。みんなの存在亡くして今の僕はなかったと思う」

「そして、僕はプロフットボーラーとしてのキャリアを終える決断をしたことを伝えたい。すべての人たちにありがとうと言いたいよ」

▽アヤックスでプロキャリアをスタートしたマドゥーロは強靭なフィジカルと守備センスを武器に守備的MFやセンターバックを主戦場にプレー。その後、バレンシアとセビージャとスペインの名門を渡り歩いた後、ギリシャのPAOK、母国のフローニンヘンを経て昨年はオモニア・ニコシアでプレーしていた。

▽また、2005年にデビューを果たしたオランダ代表では通算18試合に出場。2006年のドイツ・ワールドカップでは本大会のメンバー入りを果たしてグループリーグのアルゼンチン代表戦に途中出場していた。

▽なお、現時点で詳細は明かしていないものの、現役引退後は指導者か運営スタッフとしてサッカー界に関わっていく意向を明かしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング