ホジソンvsワトフォードマスコット勃発! ザハの“ダイブ”イジりを許さず

超ワールドサッカー / 2018年8月25日 16時54分

写真:Getty Images

▽クリスタル・パレスは26日にプレミアリーグ第3節でワトフォードとのアウェイゲームに臨む。この一戦を前にロイ・ホジソン監督がワトフォードの名物マスコットをけん制した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽ワトフォードの名物マスコットであるハリー・ザ・ホーネットは、その名の通りスズメバチをモチーフにしたマスコットでピッチサイドに陣取りながらレフェリーへの激しい抗議や時に選手たちのゴールセレブレーションにも参加する、いわゆるちょい悪系のマスコットだ。

▽ホジソン監督が現在、率いるパレスとの間では2016年のボクシング・デイ開催となった試合でコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハがシュミュレーションを行い、イエローカードを掲示された際にハリーがそのシーンをパロディにしたパフォーマンスが物議を醸し、当時パレスを率いていたサム・アラダイス監督からイングランドサッカー協会(FA)に処分を求める声が挙がっていた因縁がある。

▽そして、ホジソン監督はハリーと相まみえる今回の一戦に向けてけん制を行っている。

「ハリー・ザ・ホーネットに関して彼が何者なのかと問われれば、私は彼がマスコットだと思う。そういう意味では勝手にダイブパフォーマンスをすればいい。だが、個人的にあれはフットボールの試合とは全く関係ないもので、リスペクトに欠けた振る舞いだ」

「彼が観客に対して何らかの反応を求めているならば、それはやめさせるべきだ」

「ザハはPKをもらうためにダイブをするようなプレーヤーではない。それにもしクリスタル・パレスのマスコットが相手方を怒らせるような振る舞いをすれば、私はそれに失望し止めるはずだ」

▽ホジソン監督から強い姿勢でザハの“ダイブ”イジりを止めるようにプレッシャーを受けたハリーだが、26日の試合ではどのような反応を見せるのか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング