初のU-20W杯制覇を成し遂げた池田太監督「素晴らしい人生を歩んでもらいたい」《優勝報告会見》

超ワールドサッカー / 2018年8月26日 18時20分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽26日、都内でU-20日本女子代表の優勝報告会見が行われた。

▽U-20日本女子代表は、8月5日(日)から24日(金)にかけてフランスで開催されたFIFA U-20女子ワールドカップで初優勝を達成。日本女子は、女子ワールドカップ(2011年)、U-17女子ワールドカップ(2014年)に次いで、3世代でのワールドカップを制覇。これは世界初の出来事となった。

▽会見に出席したU-20日本女子代表の池田太監督がコメント。選手たちを称え、この先の人生についてのエールを送った。

◆池田太監督(U-20日本女子代表)
「今日この日に、このトロフィーと一緒に帰国できたことを大変嬉しく思います。そして、そのトロフィーを勝ち取ってくれた、選手、スタッフを誇りに思います」

「このチームは一言で言うと、本当に元気が良く、ご飯もよく食べ、よく寝て、よくお喋りもして、そしてよくトレーニングをする。そういったチームでした。私はそのエネルギーをピッチでどう表現してもらうかと言うことに、パワーを使って、選手たちが持っている力をピッチで出してもらうことが役目だと思って、色々指導したり、ボールを一緒に蹴ったりしてきました」

「立ち上げから1つ1つのキャンプ、AFCの大会を通じて、選手たちは本当に成長してくれましたし、自チームの活動、今まで育てていただいた指導者や関わってくださった方への感謝の気持ちを忘れずに、過ごして来れたと思います。その力の塊が、今前にあるトロフィーだと思っています」

「このチームは、今大会で一区切り。U-20というカテゴリーの中では優勝という結果で終わりますが、彼女たちには次のステップ。なでしこであったり、また素晴らしい人生を歩んでいってもらいたいと思っています」

「今回のように全てが成功で終わることばかりではないと思いますが、その時にも、選手たちには先ほどのミーティングで伝えましたが、明るさと努力、笑顔と感謝の気持ちを持って、乗り越えて素晴らしいサッカー人生、それぞれの人生を歩んでいただければと思います」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング