鳥栖、準強制わいせつ容疑で逮捕の社員を懲戒解雇処分

超ワールドサッカー / 2018年8月29日 15時40分

写真:Getty Images

▽サガン鳥栖は29日、準強制わいせつ容疑で逮捕された社員の不祥事を受け同日懲戒解雇処分としたことを発表した。

▽また、株式会社サガン・ドリームスの代表取締役社長竹原稔氏には、監督者責任の不備として報酬月額の全てを6カ月間(2018年8月29日付)返上することも併せて伝えている。クラブは「弊社社員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、被害に遭われた女性、関係者の皆さまに改めてお詫び申し上げます。弊社では、今後このようなことが起きぬよう社員教育の徹底に一層努めてまいります」と謝罪している。

▽既報によれば、逮捕された鳥栖の社員は福岡市博多区の公園でモデルの勧誘を装い、女性の身体を触った疑い。28日に逮捕されたという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング