トレイラ代理人が思わず本音! 「アーセナルとの交渉が決裂しナポリ移籍が決まれば完璧だった」

超ワールドサッカー / 2018年8月29日 15時47分

写真:Getty Images

▽今夏、サンプドリアからアーセナルに加入したウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(22)だが、代理人と選手本人はナポリこそ理想の新天地と考えていたようだ。同選手の代理人を務めるパブロ・ベンタンクール氏がイタリア『Radio CRC』で本音を明かした。

▽サンプドリアとロシア・ワールドカップでのウルグアイ代表としての活躍を経て今夏の移籍市場における注目株の1人となっていたトレイラは、最終的に推定2600万ポンド(約38億1000万円)の移籍金でアーセナルに加入した。
▽しかし、代理人と選手本人はナポリこそ理想の新天地と考えていたようだ。ベンタンクール氏はトレイラの移籍に関してアーセナルとナポリが最終候補となっていたものの、当時マウリツィオ・サッリ監督の後任人事が不透明だったナポリを避けて、すでに交渉が進んでいたアーセナル行きを選んだことを認めた。

「(トレイラに)ナポリ行きの可能性があったかって? それは我々にとって不運だった。当時、我々が交渉を行っていた際にはアンチェロッティが新監督に就任するという話はなかった」

「恐らく、彼はルーカスにとって最高の指導者となっていたかもしれない。ただ、あの時点ではアーセナルとの交渉を進めているところだった。仮に、アーセナルとの交渉が決裂していれば、ナポリへの移籍は彼にとってより完璧なものとなったはずだ」

「最終的にアーセナルは我々の要求を満たし、クラブ間においても契約解除金を500万ユーロも上回るオファーを掲示した。彼はプレミアリーグにうまく順応しているし、彼はアーセナルと共にイングランドでプレーすることを喜んでいるはずだ」

▽なお、エメリ新監督を迎えた新生アーセナルは第3節でウェストハム相手に勝利も開幕から1勝2敗。一方、アンチェロッティ新監督率いるナポリはラツィオ、ミラン相手に開幕連勝。また、ヨーロッパリーグ出場のアーセナルに対して、ナポリはチャンピオンズリーグ出場となるため、トレイラ本人も今夏の去就選択を誤ったと感じているかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング