ピックフォード、アリソンのミスに言及「僕なら…」

超ワールドサッカー / 2018年9月7日 18時25分

写真:Getty Images

▽エバートンに所属するイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードが、同業者のミスに触れた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーは、1日に行われたプレミアリーグ第4節レスター・シティ戦に先発。それ以前の3試合同様、クリーンシート達成での勝利を目指した。

▽しかし、リバプールが2-0でリードして迎えた63分、DFファン・ダイクからのバックパスを受けたアリソンは、相手FWのチェックを足技でかわしにかかったがボールをロスト。MFラシド・ゲザルに難なく決められ、開幕から続いていた無失点記録を途絶えさせてしまった。

▽試合は辛くも2-1での勝利に終えたものの、アリソンにはやや批判的な意見が寄せられ、当人も「あれは大きく蹴るべきだった」と反省している状況だ。

▽今夏、総額7250万ユーロ(約94億9000万円)でローマから入団したアリソンの失態について、イングランド代表の正GKピックフォードは以下のような見解を示している。

「質の高いゴールキーパーであれば、足元も上手くなければならない」

「それは僕の長所でもあり、練習を続けていることだ」

「エバートンのマルコ・シウバ新監督はそこも重視していて、プレーに出してるよ。適切な時にそれをやるかは全て意思決定に関することで、僕は自分自身を大きすぎるリスクに晒そうとは決して思わない」

「僕なら(アリソンのように)トリックを使おうとはしないよ。捕らえられたくはないし、それはリスクだ」

▽昨夏、サンダーランドから最大3000万ポンド(約43億7000万円)の移籍金で加入したピックフォードはエバートンの守護神として活躍。さらに、ロシア・ワールドカップ(W杯)では決勝トーナメントに入ったコロンビア代表戦、スウェーデン代表戦などで圧巻のゴールキーピングを披露し、同国のベスト4進出の立役者となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング