飲酒運転のフランス代表主将ウーゴ・ロリス、720万円の罰金と20カ月の運転禁止処分

超ワールドサッカー / 2018年9月12日 20時10分

写真:Getty Images

▽先月24日に飲酒運転の容疑で逮捕されていたトッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリス(31)に判決が下された。イギリス『BBC』が伝えている。

▽トッテナムやフランス代表でキャプテンを務めるウーゴ・ロリスは先月24日の未明にパトロール中の警察に停止を求められた際、基準値を上回るアルコールが検知され、その場で飲酒運転の容疑で逮捕された。

▽このたび、ウエストミンスターの治安裁判所に出廷したウーゴ・ロリスは飲酒運転を認め、5万ポンド(約720万円)の罰金と、20カ月の運転禁止処分を受け入れたようだ。

▽なお、トッテナムは先日、キャプテンの不祥事に関して、「今回の一件に関してクラブとして真摯に受け止めて、内部での処分を行う予定です」とスポークスマンを通じて同選手に対する処分を行うことを認めた。 高額の罰金に加えてキャプテンはく奪の可能性もあるようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング