栃木、7月に選手登録抹消のDFディオゴ・フェレイラと契約解除

超ワールドサッカー / 2018年9月13日 8時50分

▽栃木SCは12日、オーストラリア人DFディオゴ・フェレイラ(28)の契約解除及び帰国を発表した。

▽ユース時代にポルトなどに所属していたディオゴ・フェレイラは、メルボルン・ビクトリーら母国クラブを渡り歩いた後、2018年にモフン・バガンAC(インド)から栃木に加入。しかし、ここまで公式戦での出場はなく、7月に選手登録を抹消されていた。

▽クラブの発表によると、ディオゴ・フェレイラはすでに9日に帰国しているとのこと。

▽退団したディオゴ・フェレイラは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「この度、クラブを退団してオーストラリアへ帰国する事となりました」

「日本で素晴らしい経験をさせていただき感謝しています。 栃木SCの今後の幸運と発展を祈っています。ありがとうございました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング