VARがついにプレミア上陸!15日23時開催の5試合で試験導入

超ワールドサッカー / 2018年9月14日 13時49分

写真:Getty Images

▽いよいよプレミアリーグでもビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が導入される。イギリス『BBC』が伝えた。

▽先のロシア・ワールドカップでも数々の波乱を巻き起こしたVAR。ヨーロッパではブンデスリーガやセリエAなどの主要リーグですでに利用されており、今季からはリーガエスパニョーラでも使用開始された。

▽一方、イングランドでは昨季のEFLカップやFAカップの一部の試合で実験的に導入され、今年1月のFAカップブライトンvsクリスタル・パレスで初めて利用された。同月のFAカップリバプールvsWBAで、イングランドで初めてVARによりWBAのゴールが取り消しに、さらに2月のFAカップトッテナムvsロッチデールでは、前半だけでトッテナムのゴールが2度も取り消しになるなど物議を醸した。

▽そんな中、今年4月に決まった今回のプレミアでのVAR試験導入。今季のリーグ戦15試合で実施されるとみられており、最初は日本時間15日の23時キックオフ予定の5試合が対象となる。その5試合とは、チェルシーvsカーディフ、マンチェスター・シティvsフルアム、ニューカッスルvsアーセナル、ハダースフィールドvsクリスタル・パレス、ボーンマスvsレスター・シティだ。

▽なお、プレミアリーグは「我々は試合の流れを乱すことのない新しい技術を考慮しており、VARについては、注意深く検討している」との声明を出しており、VARが来季から正式に採用されるかどうかは、明らかになっていない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング