インテルが早くも今季2敗目… レンタル移籍中のパルマDFディマルコの強烈ミドル弾を浴びる《セリエA》

超ワールドサッカー / 2018年9月16日 0時5分

写真:Getty Images

▽インテルは15日、セリエA第4節でパルマをホームに迎え、0-1で敗れた。

▽代表ウィーク前に行われた前節ボローニャ戦をナインゴランのデビュー弾などで3-0と勝利して今季初白星を手にしたインテルは、ボローニャ戦のウォーミングアップ中に負傷したイカルディがベンチスタートとなり、ケイタが移籍後初先発となった。

▽翌火曜にチャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦を控える中、前節ユベントスに善戦したパルマに対し、インテルは[4-2-3-1]を採用。中盤の2列目に右からカンドレーバ、ナインゴラン、ペリシッチと並べ、最前線にケイタが入った。

▽そのインテルが8分にカンドレーバがミドルシュートでGKを強襲すると、16分には右クロスをケイタが頭で逸らしてファーサイドのペリシッチがボレー。決定的だったが、枠の上に外れてしまった。

▽その後も押し込むインテルは35分にナインゴランのミドルシュートでゴールに迫ると、続く40分にはボックス左に抜け出したペリシッチがGKを強襲するシュートを浴びせた。

▽ゴールレスで迎えた後半からケイタに代えてイカルディを投入したインテルが押し込む流れとしたがシュートに持ち込めずにいたため、59分にカンドレーバに代えてポリターノを投入した。

▽73分にようやくナインゴランの強烈なミドルシュートでゴールに迫るも、GKのセーブに阻まれると、インテルは79分に失点する。バイタルエリア左でボールを持ったディマルコに強烈なミドルシュートをゴール右上に叩き込まれた。

▽インテルからレンタル移籍中のディマルコにファインゴールを許したインテルは終盤にかけてもゴールに迫れず、0-1のまま敗戦。早くも今季2敗目を喫している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング