元プレミア名主審、CR7退場劇に「私なら両者にイエロー」

超ワールドサッカー / 2018年9月21日 9時0分

写真:Getty Images

▽かつてプレミアリーグの有力レフェリーとして名を馳せたマーク・クラッテンバーグ氏がユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを襲ったレッドカード判定に見解を示した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

▽C・ロナウドは19日、敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節のバレンシア戦に先発。だが、29分にバレンシアのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョと小競り合いとなり、ドイツ人主審のフェリクス・ブリッヒ氏から一発退場を命じられた。

▽微妙なジャッジに多方面から賛否の声が集まる中、過去に数々のビッグマッチで笛を吹いてきたクラッテンバーグ氏は、その問題の場面について次のように考察した。

「C・ロナウドがユベントスでのCLデビュー戦で退場を余儀なくされたことは、すごく残念だ。(退場の場面で)左ウィングがボールを持ったとき、彼はボックス内に入ろうと走り出したが、ジェイソン・ムリージョにブロックされた。ロナウドはわずかに押し、結果的にバレンシアのDFは倒れた。だが、絶対に暴力的な行為があったわけじゃない」

「フェリクス・ブリッヒ主審は、その場面を後ろから見る格好だったため、追加副審に尋ねた際、ロナウドのヒジ打ちという返答を得たのだろう。だが、実際、そのようなプレーはなかった。確かに、ロナウドはムリージョにフラストレーションを溜め込み、彼の頭に手を出したがね。私には些細な接触に見えたが、彼には暴力行為に見えたのだろう」

「では、私があの試合を裁いていた主審だったのなら、バレンシアにFKのチャンスを与え、両者にイエローカードを提示した。ロナウドは、おそらく1試合の出場停止処分が科されることになるだろう。それ以上の処分となれば、非常に厳しいものだ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング